子どもに関わる仕事をしよう!保育士を目指すには

保育士になるためには

保育士は、保育士資格を取得することで保育園などの施設で働くことが出来ます。この保育士資格は、短期大学や専門学校などに入学し、授業を受けたり実習に行ったりして、単位が取れたら卒業と同時にもらえます。自分の目指す学校が、きちんと資格が取れるところなのか確認してみましょう。また、このほかには独学で勉強をして保育士試験を受ける方法があります。すでに社会人として働いている方など、学校に通うことが難しい場合も保育士を目指すことが出来ますよ。

保育士ってどんなことをするの?

保育士は、子どもが登園してくる前に保育室や園庭などを掃除して、安全に保育が出来る環境を作ります。そして子どもたちが登園して来たら、子どもたちのことを視診しながら一緒に遊びます。ただ子どもと遊ぶのではなく、少しの変化も見逃さないようにしなければいけません。クラスに分かれてからは、子どもの年齢に合わせた保育をするため様々な知識が必要ですよ。また、毎月季節の歌や園歌などを歌ったりするので、ピアノの伴奏を行ないます。そのほかにも、行事に合わせて準備をしたり、園外保育で子どもたちに様々なことを経験する機会を作ったりします。

保育士として大切なこと

保育士を目指すということは、子どものことが好きだという方が多いでしょう。その気持ちはずっと持ち続けることが大切です。また、元気な子どもたちと遊んだり、先輩の保育士達と協力しながら保育をしていったりするため、タフな心と体が必要になってきます。研修に参加したり、先輩からのアドバイスを参考にしたりして、自分の保育を見つけて行ってくださいね。

保育士の求人を大阪で探している人は、求人票に記載された所在地や有給などの休みのとりやすさなどを確かめるべきです。