工場の求人の電話面接を乗り切ろう!印象を良くするための方法

どうして工場の求人で電話面接をするの?

工場の仕事に応募すると、電話で面接するといわれることがあります。面接というと工場や会社の一室で実際に会って話をするイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、急いで採用したいときや働く場所が遠くにある場合、スピーディーな採用と交通費の節約のために電話面接が実施されることも珍しくありません。

電波状況の良い、静かな場所を選ぼう

電話面接では、指定された日時に工場の採用担当者から電話がかかってきます。静かで電波状況が良好な場所で電話を待ちましょう。公園や路上、飲食店などでは周囲が気になって話しにくいこともありますから、特別な事情がない限り、自宅で電話を受けるのが一番良いのです。もしも自宅に固定電話があるなら、そこにかけてもらうと途中で途切れる心配がありません。家族がいる人は電話面接があることを伝えて、その間は静かにしてもらうように頼みましょう。

大きな声でハキハキと話そう

電話面接で最も重要なのは、聞き取りやすい大きな声ではっきりと話すことです。語尾の「です」「ます」まできちんと話すようにしましょう。面接官が質問している途中で話をさえぎらないで、最後まで聞いてから答えることも大切です。顔を普段よりも少し上向きにして話すと、ハキハキとした明るい印象の声が出せます。

手元に資料を準備をしておこう

電話面接では手元にメモや資料を用意し、それを見ながら話すことができます。履歴書などの応募書類や、工場に関する資料などを手元に準備しておきたいものです。「志望動機」「自分の長所と短所」「勤務が決まったときはいつから働けるか」などをメモしておくと、質問されたときにスムーズに答えられます。このような対策をしておくと、自信をもって落ち着いて応答できるでしょう。

栃木の工場の求人は自動車関連が多くあります。特に国道4号線沿いには自動車関連工場が多数展開されています。