工場の求人に応募するときの注意点!住み込みで働く場合の失敗例とは?

住み込みで働く人は失敗例も確認しておくべき

工場の求人に応募する人の中で、寮に入ることを希望している人はいくつかのポイントをチェックしておきましょう。住み込みで働く場合に参考にしたいのは成功例よりもむしろ失敗例のほうです。働く目的が達成できないどころか、最悪のケースでは損害賠償を請求されたり、寮から出られなくなったりということもあります。損害賠償を請求されるのは、故意もしくは過失で寮の設備を壊してしまうケースが代表的です。タバコのヤニ汚れや匂いも度合いによっては多額の原状回復費用を請求されることもあるので、ヘビースモーカーの人は特に注意するべきです。

寮から出られなくなるケースとは?

工場求人では敷金や礼金は会社が負担してくれています。また、退去のときにも基本的には費用はかかりません。しかし、帰りの交通費や引っ越しのための費用は実費です。寮から出られなくなるケースというのは、引っ越しのためのお金すらないという場合になります。実家に帰れる人は交通費や引っ越し費用をクレジットカードのキャッシングなどを利用して用意することで解決するでしょう。帰る実家すらないという人は、新しく賃貸を契約するための費用がかかるので大変です。すぐに新しい部屋が決まらなければ、辞めたくても辞められないという状況になってしまう人もいます。

お金には余裕を持たせておく

以上で解説したような失敗例は、決して珍しいことではありません。ギャンブルなどにハマってしまって一時的に金欠になる人はそれなりにいます。契約が更新され続けたらよいですが、お金がないタイミングで契約の更新がないことを告げられたら困りますね。いざとなったらしばらくはホテルで暮らせるくらいの資金的な余裕は持っておきたいところです。

工場専門の求人サイトや公共の職業安定所では、兵庫の工場の求人がたくさん掲載されています。転職サイトでも求人を探すことができます。