物流系の仕事に必須?フォークリフトの運転について学ぼう!

大きな荷物を扱う仕事に欠かせないフォークリフト

大きな荷物の積載や収納を効率的に行うならフォークリフトが欠かせません。特にトラックやコンテナに積まれている荷物を倉庫に運搬する場合、フォークリフトの有無が作業効率を大きく左右します。パレットに積まれた荷物をフォークリフトで扱うのは物流の仕事における必須作業なのは間違いありません。工場や資材置き場など大量の荷物を扱う現場で活躍するフォークリフトを運転できることが物流関係の仕事で働く際の重要な条件と言えるでしょう。

技能講習を修了することで安全に運転することができる

フォークリフトは様々な大きさの車両がありますが、最大積載荷重が1トン以上の車両の場合は国家資格である運転技能講習修了証の取得が必要になります。修了証を持っていればフォークリフトを安全に運転できると見なされるので仕事の幅が広がり、増収を期待することも可能です。自動車教習所などの教育機関で講習を受け、試験に合格することで修了証を取得することができます。最大積載荷量が1トン未満の小型フォークリフトなら特別教育を受けるだけで済むので、修了証を取得するための試験を受ける必要はありません。なお、公道を走る場合は自動車免許を所持しなければいけません。車両にもナンバープレートを付ける必要があるので注意します。

安全に運転するための注意点

フォークリフトはその構造から重心が安定しにくい車両です。特に荷物を積んでいる時は重心が前部に移るので横転しやすい点を注意します。坂道を走行したり車体を方向転換する際は周囲の安全を確認し、スピードを出し過ぎないように細心の注意を払うのがドライバーの責務です。

フォークリフトの求人が必要な職場は多岐に渡り、常に人手不足です。空港や港湾ターミナル、市場などの大量の荷物運搬がある場所では、常時募集しています。