家具も家電も揃っている!マンスリーマンション生活のメリットとデメリット

マンスリーマンションは入居と退居の手間がない

マンスリーマンションを生活基盤とするメリットとしてまず挙げられるのが入居や退居の手間がないことです。事前に手続きを済ませておいて当日は鍵を受け取るだけで入居できます。水道や電気、ガスなども通っていて、インターネット回線も通じているのが一般的です。家具や家電も揃っているのですぐに生活を始めることができるでしょう。退居のときにも持ち込んだ私物を撤去すれば良いだけで、原状回復の確認などに立ち会う必要がありません。基本的には鍵を返却すれば終わりなのでスムーズに退居できるのも魅力でしょう。

マンスリーマンションはすぐに入居しにくい

マンスリーマンションで生活しようとするときのデメリットは入居を思い立ったその日から利用するのは難しいことです。ホテルとは違って当日入居を前提としていないサービスなので、事前に不動産会社と相談をしなければなりません。費用は前払いになるのが一般的なので、審査はそれほど厳しいものではなく、時間があまりかからないのが通例です。ただ、手続きをスムーズに進めてくれて当日入居、遅いと翌日入居という対応になるので注意しましょう。

マンスリーマンションのコストパフォーマンス

マンスリーマンションは安いのかというのも気になる点でしょう。費用面を単純に考えると短期から中期の滞在に向いているのがマンスリーマンションで、一年を超えるようなときには賃貸マンションの方が安いのが普通です。ただ、入居や退居のときの手間が少ないのが大きな価値になると考える人にとっては二年や三年の滞在でもマンスリーマンションのコストパフォーマンスが高いと感じられるでしょう。

マンスリーマンションは家具が備え付けられている所が多く、カバン一つで入居出来る気軽さが人気を集めています。