トレーラーの仕事とはどんな仕事でどのような資格が必要?

トレーラーの車体の仕組みやその種類について

トレーラーは貨物自動車形態の1つであり、高度な技術や経験年数がある人でなければ運転するのは難しい乗り物てあるといえます。トレーラーには大きく分けてセミトレーラーとフルトレーラーの2種類があり、どちらも運転席と荷台が分離できる牽引車のような構造となっています。セミトレーラーは後部にのみ車輪がついているため、荷台がついているトラクターの車輪だけで支えられるわけではありません。一方でフルトレーラーとは荷台がついているトラクターの車輪だけで乗せている荷物などを支えることができます。トレーラーを運送するためには大型免許とけん引免許が必要であるほか、長距離を走行することが多く忍耐力や集中力がある人が向いているといえます。

トレーラーのドライバーに求められること

トレーラーの仕事は任された荷物を長距離運んだりします。ドライバー不足により求人数が増加傾向であることに加え深夜の高速料金の割引が導入されたことより、深夜から仕事か始まることが多くとてもハードな仕事なのです。そのため運転手は日頃から体調管理を徹底しきちんと休暇を取得した上で安全運転に努めなければなりません。建築資材や土砂、海上コンテナなどありとあらゆるものを運ぶトレーラーは、高度な技術を求められます。求人に関しては各企業ごとに出していたり運転手やドライバー募集というかたちで出していることが多く、気になる求人があったなら担当者などにトレーラーの仕事を募集しているのか、詳細を問い合わせることは大切です。

トレーラーの求人は手当が充実しているかがポイントです。長距離運転の時の賃金の割増や宿泊の補助などがあります。