プラント工事管理の仕事を解説!具体的には何をするの?

具体的なプラント工事管理の内容

工場では様々なものを製造するために、プラントという巨大な設備を用意することが多いです。そしてそのプラントはいくつかの工程に分けて作り上げていくわけですが、その管理を行うのがプラント工事管理者の仕事です。実際の製造作業は現場のスタッフに任せて、全体を取りまとめるのが仕事の内容です。管理する内容は製造するプラントによって異なる部分もありますが、基本的な部分はほぼ共通しています。スタッフの配置や予算、安全面の確認などです。日中は実際に作業を行っている現場を見て回って異常がないかを確認し、作業が終わるとその日の報告書作成や翌日の計画を立てるなど、しなければならないことはたくさんあります。

どういう人ができる仕事?

プラント工事は建築作業が中心になるので、最低でも建築に関する知識がないと管理することはできません。資格も同様で、建築や土木関連のものを保有していることが条件になる場合が多いでしょう。しかし管理する対象が一般的な建築物からプラントに変わっただけでは、求められる資格が増えることはありません。ただプラントには食品や化学薬品など、衛生面・安全面で特殊な取り扱いをしなければならない現場もあり、その取扱いのための資格が求められることはあります。

そしてプラントの種類を問わずに条件になりやすいのが、電気工事の資格です。さらに数ある建築作業の中でもプラントは特に安全面を重視しなければならないため、管理者側の仕事量は比較的多く、責任も大きくなりがちです。なので他の現場で管理を行ったという経験も必要でしょう。

施工管理の求人は定年後の経験者の需要が高いです。計画管理やチェックシートなど簡単な管理業務がメインです。