プラント工事の設計業務に応募してみよう!機械に詳しいならメンテナンスに応募!

新たな工場の設計を行う

小学生の時などに大きな工場の見学をした経験があるでしょう。工場内は大きな機械がたくさん置かれていてその中を製造途中の部品などが流れていきます。これらの機械は適当に並べられているわけではなく、最小限のスペースの中で効率よく製造できるように設計されていて、この設計を行っているのがプラントエンジニアになるでしょう。プラントエンジニアの仕事にもいくつかあり、設計を得意としているなら設計部門の求人を探して応募してみましょう。設計の仕事においては発注者から要望を聞いて図面起こしをして、工場建設から稼働に至るまでをサポートしていかなくてはいけません。やりがいがあるものの責任もあるので、自分のキャリアに見合う仕事ができる会社を選ぶようにしましょう。

稼働中の工場のメンテナンスの仕事

工場にはたくさんの機械がありそれらが正常に動いていれば問題はありません。しかし機械の中には故障をするものもありますし、定期的に掃除が必要だったり部品の取り換えが必要なものもあります。工場の機械を納品する会社は納品が終わるとお役御免ではなく納品後も納入先のサポートをしなければいけません。プラントエンジニアの仕事として工場にある機械のメンテナンスがあり、機械に詳しいのであればその仕事に関わる求人に応募してみましょう。大きな工場であれば一つの工場に常駐をして機械のメンテナンスをするときもありますし、小さい工場をいくつか担当してそれらを定期的に巡回して正常に稼働しているかチェックしたりもします。仕事柄休日出勤や残業が結構ある仕事になるでしょう。

プラントの求人は、大型の機械工場の設計から保守まで専門的なスキルを持つ人を対象としたものが多く見られます。